読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジャイル現場での開発

    1. 永和システム岸さん
    2. 1.2を使った開発実例→XP
    3. テスト駆動開発
    4. CakePHPテスト駆動開発に向いていない
    5. ある程度実装してからテストを書くと吉
  1. テストコードがあるので安心
  2. 他のメンバーが書いたコードの意味を把握しやすい
    1. 考慮漏れにはやっぱりバグ
    2. どこに何書くかをパターン化する
  3. Testの虎の巻
    1. DBは$testで設定する
    2. 関連は自分でセットする
    3. 名前付け重要
    4. fixture(テスト情報が自動投入)に注意
  4. コンポーネントは自分でセット
  5. 独自FormHelperは初期化が複雑
  6. 計算結果はassertidensial
  7. shellテストの決まり
  8. コントローラーにロジックを書かない
  9. WebAPIのチェック
  10. WebTestCaseでのチェック
  11. Mockは積極的に使おう
  12. 面倒がらずにテストを書こう
  13. 初期化に罠が多いので注意
  14. テスト工数が伸びるのでは?→ケースバイケース
  15. 具体的には→倍かかってもやる価値があるのでは?→ボリュームがないと回収できないのでは?→ライフサイクルが短いと意味がないかも?